◎実務上は稀な制度(2)

Top >  弁理士試験 >  ◎実務上は稀な制度(2)

◎実務上は稀な制度(2)

実務上は稀な制度としては、「早期公開制度」があります(特許法64条の2)

出願人のリクエストによって優先日から1年6月を経過しなくても、
出願が公開される制度です。

他人による審査請求と同じく、なかなかお目にかかることができない制度です。


こちらについても、なぜなのかを、是非考えてみてください。
実務について想像したり、制度の理解を深めることになるはずです。


さて、実際に早期公開された出願にはどのようなものがあるのか、
検索技術を使えばピックアップできます。


この検索をどのようにやれば早期公開された出願を見いだせるか、を考えることは、
検索という実務の上で役立ちますので、是非考え、やってみてください。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

早期公開制度  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中