◎劣等感と孤独感(1)

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎劣等感と孤独感(1)

◎劣等感と孤独感(1)

 自分一人ができないのでは、という劣等感に端を発する孤独感は、
一人前になれば克服できるものだろう。
 その劣等感を感じていた頃に、漠然と感じていたような気がする。


 一人前になったという自信は持てなくても、あのころよりは成長した、
と思える今、劣等感を感じる時間は少なくなったような気がする。


だがそれは、劣等感が小さくなったということではなく、
劣等感に浸る時間さえなくなっているだけであろう。


 時間に余裕がないと、劣等感よりも孤独感の方が大きく襲いかかってくる。

 紛らわすことが困難な孤独感。未だに持てあましてしまう孤独感・・・

 『人間は慣れる動物である』というのは、ドストエフスキーの言葉だっただろうか。


持てあましてしまう孤独感にも、
少しは慣れてきたのだ、と思いこむことで、紛らわそうとしている自分がいる。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中