◎聞きたくないことを聞く耳があるか

Top >  弁理士試験 >  ◎聞きたくないことを聞く耳があるか

◎聞きたくないことを聞く耳があるか

試験勉強をしている時代、色々な先輩にお話を聞かせていただきました。
が、先輩方がお話ししてくれるほとんどは、無駄になっていたことでしょう。


なぜなら、自分が聞く耳を持っていなかったから。
言い方を変えるならば、聞きたいことだけを聞いていたであろう、と思うから。


  求めていない者に対して与えようとしても無駄


というのは、教育というフィールドでの鉄則のようです。


言い方を変えるならば、

  聞きたくないことを聞ける時期が多い人ほど、試験勉強の期間は短くて済む。

ということでしょうか。


一次試験、二次試験の発表直後の、ほんの短い期間は、
かなりの方が、聞きたくないことを聞ける時期 になります。


この時期にさえ、聞きたくないことは聞かない、という態度の受験生は、
勉強を辞めてしまった方が良い。


ただし、助言をくれる先輩が、大きく外していないかどうかを見極められる
力量は、受験生側に求められている、ということが難しいところです・・・

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

弁理士試験 一次試験  弁理士試験 二次試験  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中