◎くだを巻く

Top >  天職 >  ◎くだを巻く

◎くだを巻く

学生の頃に嫌悪していたことのひとつに、

   サラリーマン 赤提灯にて くだを巻く

という姿です。

実際に目にするよりも、活字(小説など)による影響も大きかったかもしれません。
その頃に読んだ小説に出てくるサラリーマンに憧れるような人物像や
ヒーローがいなかったのです。


それだけではなく、「ああいう風にはなりたくない。」という消極的な考えはあっても、
「こういう風になりたい。」という積極的な考えには至っていなかった、
ということでもあります。


天職、というテーマに結びつけるならば、
ああいう風な人は天職を得ていないのだろうな、と直感はしていたような気はしますが。


しかし、それほど嫌悪していたことも忘れ、サラリーマン弁理士の頃は、
やはり「赤提灯にてくだを巻く」ことは少なくなかったように思い出します。


さて、サラリーマンではなくなってしまった今の私には、
『くだを巻く』というのは、一種の余裕である、と感じられます。


くだを巻いたところで現状を変えることはできない代わりに、
「現状から見捨てられて路頭に迷う」こともほぼないからです。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

天職  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中