◎一般常識の誤解を解く(3)

Top >  知財実務/商標編 >  ◎一般常識の誤解を解く(3)

◎一般常識の誤解を解く(3)

一般常識において「商標制度がネーミングの登録制度である」と誤解されている。
その中の少なくない方々は、


  特許がアイディアを保護するのだから、
  ネーミングを考案したのを保護するのが商標制度だ

という理解をされているからかもしれない、と考えられます。
 そして、ここにも誤解があるわけです。


商標法が保護したいのは、マークそのものではなく、
マークに一体化した業務上の信用である

ということは、商標法を学ぶと最初に出てくるわけですが、
確かに、思い返してみれば、この部分を理解するには、
少なくない咀嚼(そしゃく)時間が必要でした。


誤解を解くのは、易しくないわけですね。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

商標法  商標制度  ネーミング  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中