◎インターネットビジネス法(18)

Top >  インターネットビジネス法 >  ◎インターネットビジネス法(18)

◎インターネットビジネス法(18)

18.個人情報の取得


個人情報取り扱い事業者は、個人情報の取得の際に、
利用目的を特定しなければならず、利用目的を変更する場合には、
変更前の利用目的と相当の関連性を有すると
合理的に求められる範囲を超えてはならない。


   ○   ×



















+--------------------------------------------------+
18. 回答 ○

個人情報の取扱には、利用目的を特定しなければならず(法15条1項)、
個人情報取得の際に、利用目的は本人に対して
通知・公表・明示しなければなりません(法18条1,2項)。

また、利用目的の変更は、合理的な範囲を超えてはならず(法15条2項)、
変更できる場合であっても、本人への通知・公表の必要があります(法18条3項)。

なお、会社の合併などによって他の個人情報取扱事業者から
事業を承継することによって個人情報を取得した場合であっても、
予め本人の同意を得ないで目的外に利用することはできません(法16条1,2項)。


+--------------------------------------------------+

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

個人情報取り扱い  個人情報取得  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中