◎説明責任(2)

Top >  フィクション >  ◎説明責任(2)

◎説明責任(2)

U弁理士の事務所の電話が鳴った。


「あ、Y社のFさんですね、どうもご無沙汰しております。
 特許証をお送りして以来ですね。どうされましたか?」


「どうされた、じゃないぞ!」
いきなり喧嘩口調である。


「せっかく特許を取ったのに、特許権侵害の警告という通知が来ているんだ!
 これはどういうことなんだ?」


「もしかして、先行特許として調べて出てきたZ社からの警告ですか?」


「そうだよ! だが、こっちだって特許庁のお墨付きが出たんだ、
 どうしてZ社から文句が出るのか説明してもらいたい。」


「御社の出願は特許されたのですが、先行するZ社の特許を利用しなければならない、
いわば応用発明として特許が成立したので、特許製品を製造するには、
Z社のライセンスを受ける必要があるのです。」


「そんな説明、聞いていないぞ!
 おまえの所の説明義務違反じゃないのか?」


「いえ、説明はさせていただきましたよ。 同席された技術のGさんなら
覚えていらっしゃるのではないかと・・・」


言った、言わない、の水掛け論になりそうだ。

U弁理士は、電話口で考えた。
「これからは、利用発明として成立したことの説明は、文書で出さなくては・・・」

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

特許証  弁理士  特許権侵害  ライセンス  利用発明  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中