◎時間の有効活用(3)

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎時間の有効活用(3)

◎時間の有効活用(3)

有効活用すべき時間に種類があるとすれば、

   a)愉しい時間 (をより愉しい時間とする)
   b)つまらないと感じる時間 (を愉しい時間に変換する)
   c)どちらとも感じない時間 (を愉しい時間に変換する)

の三種類があると仮定してみました。


この単純な分析ができただけで、私自身は非常にすっきりしました。
世のビジネス書は、b)、c)の視点で書かれているものが多く、
あまたの趣味の書物は、b)、c)の視点はまず無い。


ビジネス書がb)なのかc)なのか、という区別がしにくいものであるとするならば、
つまらない、あるいは辛い仕事を愉しい時間に変換するノウハウ本
と捉えれば、読みにくい本も読み進められそうな気がしてきました。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

ビジネス書  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中