◎インターネットビジネス法(13)

Top >  インターネットビジネス法 >  ◎インターネットビジネス法(13)

◎インターネットビジネス法(13)

13.請求に基づかずに送信される広告メール

請求に基づかずに広告メールを送信する場合には、
広告メールの表題部に「未承諾広告」と表示しなければならない。

   ○   ×



















+--------------------------------------------------+
11. 回答 ○

いわゆる迷惑メールに関しては、特定電子メールn送信の適正化等に関する法律によって
記載される他、特定商取引法によっても規制されます。

この特定商取引法の規則改正によって、「未承諾広告」の表示が義務づけられました。
また、いわゆる迷惑メールに受信拒否のための連絡方法を表示する場合には、
メール本文の最前部に「事業者」の氏名または名称を表示し、
受信拒否の連絡を受けるための電子メールアドレスを表示しなければならない、
とされています。

+--------------------------------------------------+

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

特定電子メール  迷惑メール  特定商取引法  未承諾広告  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中