◎救命法体験のお話(2)

Top >  天職 >  ◎救命法体験のお話(2)

◎救命法体験のお話(2)

講習の内容を『知的財産とビジネス』というこのwebにて
紹介するのが適当なのかどうか、分かりませんが、
興味を持っていただける方が少しでも増えることを願って、
具体的に少しずつ書いてみます。


講習のほとんどの時間が、心肺停止状態にある方を救命するための訓練でした。
この救命処置は、「心肺蘇生法」と「AEDの使用法」の組み合わせです。

日本全国、119番通報をしてから救急車が到着するまで、
平均で6分以上掛かるのだそうです。

その間、何もしない場合と、救命処置をした場合とでは、生存率が格段に異なり、
且つ救命した後の後遺症も大きく異なってくるとのことです。

心肺蘇生法」とは、いわゆる心臓マッサージが中心です。
人形を使った実体験は、貴重なものでした。

本やテレビで見たことがある、という記憶をお持ちの方もいらっしゃるとは思いますが、
この体験をしてみたことがなければ、現実には怖くてできないのではないでしょうか。


以前は、人工呼吸と心臓マッサージの組み合わせを重視していたようですが、
最近の心肺蘇生法では、人工呼吸は省略しても構わないから心臓マッサージを重視せよ、
という流れになっているそうです。

理由は、心臓マッサージのほうが人工呼吸よりも蘇生においては大切であること、
人工呼吸は感染症のおそれがあること、などによるようです。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知的財産とビジネス  心肺停止状態  救命処置  心肺蘇生法  AEDの使用法  心臓マッサージ  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中