◎救命法体験のお話(1)

Top >  天職 >  ◎救命法体験のお話(1)

◎救命法体験のお話(1)

「救命法の講習」というものを、地元の友人たちと受講しました。
5~10人が集まればいつでも開催します、という地元の消防署の
太っ腹な案内を、仲間の一人が見つけてきたのがきっかけです。


これまた太っ腹な救急救命士さんたちが、我々10名の受講者に対して、
3名も付きっきりで3時間以上も指導をしてくださいました。


人が倒れています・・・
そんな状況に出くわしたときに、単なる野次馬ではなく、
少しは役に立てる人間になれたような気がします。
同時に、3人の消防士さんの仕事ぶりに接した体験は
素晴らしいものでした。


中堅の救急救命士(消防士)さんが中心になって説明をしてくださいましたが、
講習には慣れているのか、時々笑いも漏れる楽しいお話でした。

アシスタントとして動き回ってくださった2人の救急救命士さんは、
慣れてはいないようでしたが、一生懸命さがうれしかった。

今思い返してみて、
皆さん、救急救命士を天職として働かれているのだろうな
と思うのです。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

天職  救命法の講習  救急救命士  消防士  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中