◎ ▲●庁の官僚のお話(3)

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎ ▲●庁の官僚のお話(3)

◎ ▲●庁の官僚のお話(3)

前記(1)、(2)の話を、産学連携の仕事に携わってきた知り合いに話したところ、

   ▲●庁のお役人は本当に何もしないんですよ。
   ▲●大学も同じですけどね。
   あのS市というかあの辺では、▲●庁、▲●大学の職員に就けたら地元のエリートだし、
   首にもならないから、入った後は何もしなくなっちゃうんですね。

と解説してくださいました。

 また、別の方によると、

   お役人は、自分たちで勝手なスケジュールを作って押しつける。
   スケジュールをこなすこと、予算消化が仕事である。

とのこと。
 「予算消化」ってひどい言葉じゃありませんか?!
 なぜなら「予算」って税金なのですから・・・

 使えない箱物を造ってしまう、という地方行政による税金の無駄遣いが財政を破綻させる、
と良く聞きますがが、知恵を使わないお役人が多い官庁も税金の無駄遣いでしょう。
 無駄遣いとなっている上に民間人に負担を強いており、
しかもその負担に気づいてもいないという辺りが、今回の件の問題の所在でしょうか。

 そういえば、こうした問題が最近、人気俳優も出演する映画になったらしい。
 (なんとかの星、とかいうタイトルだったような気がする)
 ちょっと、レンタルショップを覗いてみることにしようっと・・・

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

産学連携  税金の無駄遣い  予算消化  織田裕二  県庁の星  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中