◎夕張散策(3)

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎夕張散策(3)

◎夕張散策(3)

炭坑を体感できるアミューズメント施設(炭坑博物館)がある、と聞いていたので、
市役所を出て、勘を頼りに運転してみると、ほどなく観覧車のようなモノが見えたので、
それを目掛けて車を走らせたが、・・・

   冬期休業

 そうか、そんな季節なのか。
 この日はポカポカ陽気だったが、夕張は北海道の中では豪雪地帯だそうである。

 駅に向かうと、単線の終着駅に特有の雰囲気。
 駅舎内には、メロンを夫婦で擬人化した「夕張ふさい」というのポスター。
(「ふさい」は「負債」との掛詞だそうである。)

 市内の中学生が、「頑張るぞ」と寄せ書きした旗がいくつも展示されていた。
 大人になる前の彼らにも、環境の厳しさが押し寄せているという現実。

 夕張駅に隣接して立派なホテルがあり、
そのホテルの目の前はスキー場になっていた。
 千歳空港から1時間で来られるなら、このスキー場は売り込み次第ではないか、
と考えた。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

夕張市役所  弁理士 北海道  弁理士 札幌  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中