◎メールのタイトルからの反応

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎メールのタイトルからの反応

◎メールのタイトルからの反応

メールが入ってきたら、まずタイトルを見る、
という方は多いのではないでしょうか。

 私宛のメールにて、
    審判のお願い
とあったら、
 「ああ、先日の拒絶査定に対して、審判請求の準備をしてくれ」
という内容かな?
と思いながら、本文を読んでみる・・・


職業的には、それが普通の弁理士としての感覚なのでしょう。
ところが、私の場合、そうではなかった。


   今度の週末、高学年生の練習試合でもあるのかな?
   試合会場、開始時刻はどうなってるのかな?


という想像をしながら、本文をチェックしたのでした。
するとやはり、


   土曜日の試合、低学年の審判が足りません。
   空いていたら、×○小学校に9:00集合でお願いします・・・


そう!現在の私の場合、
    「審判」と聞けば、「サッカー審判」
を思い起こすほうが先になっています。そして事実も。
弁理士として情けない、でしょうか?

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

弁理士  審判請求  拒絶査定  サッカー審判  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中