◎日常業務と創造性(4)

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎日常業務と創造性(4)

◎日常業務と創造性(4)

これって知財かもしれない、という気づきがあるのかどうか。

日本の生き残る道は、そうした一人一人の気づきに支えられていくはず。


だからこそ、

   自分が発明したかもしれない(たぶんしています)、
   特許になるかもしれない
   特許にならなくても、法的に守られるかもしれない、


といったセンスを、身につけて欲しい、と心の底から願っています。


 他人の権利を尊重するセンスは、自分の権利を自覚した上に成り立つ。
 自覚なし、の無知は、知識社会では救いようがない。


自分に権利があることを知った上で気前良く手放そうとする。
そういう人が少なくないけれども、

自分だけの自己満足、
周囲の人への直接間接の迷惑につながるなら、
自分だけの判断でやっていいことではない!
(例えば、社長の独断が株主にとって不利益になる、かもしれない・・)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

発明  特許  知財  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中