◎日常業務と創造性(2)

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎日常業務と創造性(2)

◎日常業務と創造性(2)

日常業務にて創造性を発揮しても、その創造の結果が知的財産である、
という意識は、通常は持たないでしょう。


これは、アイディアマン、多数の出願の発明者となる方々でも
同じことでしょう。


しかし、アイディアマン、多数の出願の発明者となる方々は、
凡人とどこが異なるのか?


   1)特許法に定義されている発明(*)に該当しない場合
   2)特許要件である新規性や進歩性を備えていない場合
   3)特許出願してしまってはノウハウの流出となる場合
   4)特許出願に対する費用対効果が望めない場合


自分の発明が、前述したどれに該当しそうなのかを、判断できる、
少なくとも判断を他人に仰ぐ、といった判断や行動ができるのです。

そのためには、1)、2)の判断基準を、
ある程度、知らなければなりません。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

新規性  進歩性  特許法  特許要件  特許出願  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中