◎人間はなぜ情報を求めるのか(3)

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎人間はなぜ情報を求めるのか(3)

◎人間はなぜ情報を求めるのか(3)

情報提供者が誰であるか、信用できるか否かなどを気にしなくても、
大した不利益にならない種類の情報も、確かにあります。

第一回の結論(人間は生存のために情報を求める)と
矛盾する現象も少なくないです。


生存や利益には直接関わらない情報、
たとえば、エンターテイメント性を備えた情報は、
情報提供者が誰であるか、信用できるか否か、
といったことはあまり問題になりません。


より具体的には、たとえば「笑い」といった快楽をもたらす情報です。


笑いを求めて情報検索を行うのであれば、笑いが取れるかどうか、
ということだけが価値基準となるので、
情報源が誰であろうと、関係ないでしょう。


    でもそんなの関係ねぇ、でもそんなの関係ねぇ・・・
    と連呼する芸人(小島よしお氏)をTVで見て、大笑いしました。
    あっ、本題と外れてしまいました。


面白さ、興味といった欲望を、軽く満足させてくれる情報は、つい求めてしまう。
こうした情報は、「教養」にはならないのでしょう。


教養が伴わない垂れ流し情報を受け続けて時間が過ぎてしまうと、
虚しさを感じてしまいます。

しかし、虚しさを感じるまで時間を浪費し続けてしまう。情けない・・・

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

情報検索  小島よしお  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中