◎批判という自己ブレーキ(3)

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎批判という自己ブレーキ(3)

◎批判という自己ブレーキ(3)

批判は、眉をしかめて口調激しく行われますが、
建設的な意見(本来の「批評」)は、にこやかに行われます。(きっと)


どちらが良いかは、既に勝負が付いています。


批判にとどまらずに、「建設的な意見」を出すのは、
それなりのクリエイティビリティが要求されます。


建設的な意見を出すためには

   産みの苦しみ

というのを経験する必要がある、ということも多い。
そういう苦しさを、批評の対象となった人と共感し、
建設的な意見を共有してこそ、次がある。


「産みの苦しみ」が面倒だから、つい「批判」にとどまってしまうのですが、
批判はほとんどの場合、何も産まない。


理屈じゃ、分かっているんですが、
全ての事柄に「建設的な意見」を出していくのは辛いことですね。
時間(そして経営資源)は限られていますから。


こんな言い訳をしていること自体、自分にブレーキをかけていることですね。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

建設的  知財  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中