◎社内資格について(1)

Top >  天職 >  ◎社内資格について(1)

◎社内資格について(1)

公的な資格でも一般に知られていなかったり、
資格の名称が分かりにくかったりするのは、
あまり有益ではありません。

  弁理士 は、その典型です。


一方、ある会社や組織のみで認定される資格でも、
資格の名称が分かりやすければ、社外(特にお客様に対して)でも使えるでしょうし、
仕事への励みにもなるので、有益だと思います。


ちょっと変わった「社内資格」をご紹介します。


お好み焼き専用のソースとして認知度の高い「オタフクソース」(本社広島)では、
昨年、「お好み焼士」という社内資格が創設されたそうです。
ランクは、以下の3つがあるそうです。


1) インストラクター(初級)
 お好み焼きに関する基礎的な知識があり、焼き方・理論・技術をマスターしている人。
 入社2年目以上の希望者が受験資格を得られるそうです。

2) コーディネーター(中級)
 お好み焼きに対する全般的な知識があり、
社内外に対して養成指導ができる技術を持っている人。

3) マイスター(上級)
 技術・経験・人格など、オタフクソースを代表するお好み焼きの専門家

広島出身の方々の中には、社員じゃないけど受験したい、資格が欲しい
といった声も聞こえてきそうですね。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

弁理士  社内資格  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中