◎依頼人という名の破壊者(4)

Top >  フィクション >  ◎依頼人という名の破壊者(4)

◎依頼人という名の破壊者(4)

「すみません、パートナーのQと相談させていただき、またかけ直します。」
「何を言ってるんだ! 依頼者である俺が出願しろ、と言っているんだぞ。
迷うことなんかないだろうが。」


社長の剣幕におののいたが、Z弁理士は意を決して喋った。


「我々弁理士は公的な資格であり、公の秩序を乱す行為に荷担することは職業倫理に反します。
ですから、このご依頼はお引き受けできません。」


「依頼者である俺の言うことが聞けないなら、これまでお前たちに払った手数料をすべて返せ!」


「今回のご依頼をお断りしているだけですので、『今までの手数料をお返しする』ということは
 全く合理性がないと思いますが・・・」


「俺が納得しないのだ。だから返せ。」


「そこまで仰るのでしたら、結構です。そういたしましょう。」


なんとも理不尽な要求だった。
しかし、このような考え方の社長であれば、次から次へ、
不正競争的な「依頼」が来るであろう。
「依頼者」であることを理由に反社会的な行為をする訳にはいかない。


商標法が守ろうとしている流通秩序を破壊しようとするA社の社長。
開設したばかりの特許事務所の経営状態にもダメージを与える破壊者!

Z弁理士は、Q弁理士とともに、その夜遅くまで、痛飲した・・・


(終)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

不正競争  商標法  弁理士  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中