◎知財業界で大きく稼げる人(2)

Top >  天職 >  ◎知財業界で大きく稼げる人(2)

◎知財業界で大きく稼げる人(2)

私が知る「パテントネゴシエーター」は、
技術系や弁理士資格といった特許専門家を最初のキャリアとしている方よりも、
営業や経営企画といったことを初期のキャリアとしている方のほうが
多いように感じています。


付加価値の本質が知財にあるのではなく、交渉能力にあるからでは
ないでしょうか!


特許関係の交渉事では、特許の専門家のほうが、交渉の専門家よりも重要、
と思っていましたが、実際はそうではありません!


うまく伝わるかどうか分かりませんが、

特許庁審査官との書面交渉(拒絶理由対応)においては、
発明者(技術者)よりも、特許担当者や弁理士といった意見書、補正書の
作成者に価値を認める方の方が多いですよね。
それと同じではないでしょうか。
 

このことを実感したことで、私は「交渉学」に足を踏み入れました。


この駄文を読んでくださった皆様にも、是非、「交渉の大切さ」を
感じていただきたいと思っています。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

パテントネゴシエーター  弁理士資格  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中