◎反省が生む発想(2)

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎反省が生む発想(2)

◎反省が生む発想(2)

多面的な捉え方のベースの一つであろう『深い専門分野』は、
日常の仕事を通じて鍛えるのが一番でしょう。

 では、「多分野の広い知識」とは、どうやって身につけるのか?


 専門以外の読書量と比例するでしょうが、読書量のみではなさそうです。
 読書をしながら、「多面的に考えたり、
 感じたりする時間の質や量」に関わっているのでしょう。


多分野にわたる広い知識のある方は、
反省の質も高く、「次の発明」に活かす能力も高いように思われます。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財実務  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中