◎反省が生む発想(1)

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎反省が生む発想(1)

◎反省が生む発想(1)

同じ経験をした者が二人いたら、その経験が同じ成長を生むか?

その答えは、否でしょう。


それはなぜか?
的確な言葉ではないかもしれませんが、

 その経験から学ぶための受け皿がそれぞれ異なるから。

という辺りでしょう。

 失敗という経験の場合、より多面的な捉え方ができる方が、次の糧になる。

 多面的な捉え方ができる方は、次なる発明者になりやすい、とも言えます。

では、その「多面的な捉え方」とは何か?

そのものズバリではないかもしれませんが、

    深い専門分野と多分野の広い知識

がベースになっているように思います。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財実務  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中