◎法の無知は救えない

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎法の無知は救えない

◎法の無知は救えない

新規性を喪失してから、例えば製品の販売を開始してから
特許出願の相談にやってこられる方、という事例が後を絶たない、
というのは、弁理士仲間ではよく話されています。

そういう事例に対して、セミナー資料や書き物の中では、
  (特許要件にある新規性に関する)法の無知に対しては、救済はない
という冷たい台詞を書くのですが、
実務的には、こうした台詞はなかなか言いづらいものです。


それに、

  売れるかどうか分からないのに、出願費用なんぞ出せるか!

という本音も、個人発明家や中小企業には少なくない。


ただし、「売れるかどうか分からないのに」という本音を秘めた事業は、
あまり長続きしないような気がします。

マーケティングが不足しているので、
「当たる」確率が低い状態であることが多いからでしょうか。

  出願手数料の支払いは成功報酬で!


という申し出がたまにありますが、最近ではお引き受けしたことはありません。
(以前はあった、ということですが・・・苦い思い出ばかりです。)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中