◎各法の限界・その1

Top >  知的財産管理技能検定 >  ◎各法の限界・その1

◎各法の限界・その1

芸術家には無くてデザイナーには課せられる創作上の制約のひとつに、
    その創作が大量生産に向いていること
というのがあるでしょう。


さて、その制約の下で
ある商品のデザインを創作したデザイナーさんにとって、
そのデザインは著作物なのか、意匠なのか。

どっちでもいいから、真似しないで!
というのがそのデザイナーさんの気持ちでしょう。

大量生産品なので著作物ではなく意匠登録の対象である、と
判断される商品デザインは少なくないことでしょう。

しかし、「創作非容易」という意匠登録要件を満たさずに
意匠登録ができない、とすると、そのデザイナーさんは保護されなくなってしまう。

法律には様々な限界があるのだ、ということは、
こうした事例に直面したときに実感するのではないでしょうか。


  → 参考 : 知財紛争トラブル100選 コラム3
        (商品のデザインは著作物か)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中