◎30条は例外規定

Top >  知的財産管理技能検定 >  ◎30条は例外規定

◎30条は例外規定

大学での研究に基づいた発明の相談は、段々、大学の事務局を介したものが
増えてきました。
大学の事務局は、特許法30条を使わない、ということを徹底しているところが
増えており、喜ばしいことと思います。

その一方、共同研究先である企業の知財部が仲介しての特許出願の場合、
大学の先生が先んじて論文発表、インターネット発表をしてしまうことが
いまだに少なくありません。


なぜ、そうした事態を防げないのか。


 第一に、特許法に無知である。
 第二に、特許法30条を拡大解釈している。

 第一のパターンは、根気強く、伝達するしかありません。


問題は、第二のパターン。
「30条があるから大丈夫ですよね?」
と事後報告されてビックリする、ということを何度か体験しています。

たいてい、30条を自分の都合の良いように解釈しているか、
聞きかじりの知識しかない場合が多い。

「例外」で救ってもらえるのは簡単じゃないんだぞ!

ということを、何とか強く広報できないものでしょうか。


  → 参考 : 知財紛争トラブル100選 コラム10
        (別人による刊行物発表)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中