◎本当の発明者

Top >  知的財産管理技能検定 >  ◎本当の発明者

◎本当の発明者

部下の実験を指示していた上司は、発明者なのかどうか。
発明者か否かは、実質的に発明完成に寄与したかどうかである、
などと、教科書には書かれています。

では、その部下たる発明者は、その上司がいなくても
発明を完成させられたのでしょうか?
それは、現実に起こっていないから分かりません。


しかし、その部下が尊敬するような上司であれば、
発明者に入っていて欲しい、と思うかもしれませんし、
たとえ入っていなくても、尊敬され、感謝されるのでは
ないでしょうか。


発明者か否かによって、職務発明制度によって受け取る金銭が
ゼロになったり、分け前が減ったりするのでしょうから、
重大な問題と言えますが、
より重要なのは、良い職場、良い仕事、発明を生み出す環境
なのだと考えるのですが、いかがでしょう。

  → 参考 : 知財紛争トラブル100選 コラム2
        (上司は共同発明者か)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中