◎発明の完成度

Top >  知的財産管理技能検定 >  ◎発明の完成度

◎発明の完成度

良い製品をじっくり作られる発明者(企業の大小は無関係)とお話ししていて、
 『まだ完成度が低いから、次回相談します。』
と、言われることが時々あります。

 『そう仰らずに、ちょっと説明してくださいよ。』
と聞き出してみると、発明の本質は完成している場合が多い。

多くの発明者が勘違いされているのは、
   製品の中に発明がある
あるいは、
   発明は具体的な製品に宿っている
ということなのかもしれません。


一方、発明とは、特許法2条1項を引用するまでもなく、
   抽象的な概念
ですから、製品としての完成度は関係ないのです。


しかし、そうした発明者に、
  『もう発明は完成しているんですよ』
と説明したり説得しようとしても、
あまり良い結果は産まれないような気がします。

まだまだ走り続けて良い製品に仕上げようとしているのに
  『もうゴールですよ』
と、止めようとしても違和感、不快感が残るのだと思います。


我々は特許の仕事をしているから、発明として完成していれば
そこで引き渡して欲しいと思ってしまうのですが、
彼らの本業は発明をすることではなく、良い製品に仕上げることなのであり、
それを邪魔してはならないのだ。

そう思えるようになったのは、最近のことのような気がします。

→ 参考 : 知財紛争トラブル100選 コラム1
        (発明の反復可能性)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中