◎売買目的の商標登録(3)

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎売買目的の商標登録(3)

◎売買目的の商標登録(3)

前回の続きです。
売買の適正価格とは、売りたい人と買いたい人とが折り合った金額である、というのは原則ですが、
相場があるなら知りたい、というのも、売りたい人にも買いたい人にもあるはずです。


商標売買の場合の相場は・・・?


商標権者がその登録商標を使っていない場合であれば、
商標の不使用取消審判に掛かる費用、が基準となる、と言われています。

妥当な相場、と思われるのですが、いかがでしょうか。


商標権者がその登録商標を使っている場合には、当然、この相場よりも高くなります。
しかし、あまりに高ければ、買い手はそのネーミングを諦めて他の名前を採択する、
という選択肢もあるわけです。


その選択肢が、事情によっては選択しにくい、という場合、買い手側の弱みになり、
価格が上がる原因となるでしょう・・・


ただ、『売買目的での登録商標』というのは、
不正競争行為の臭いがすることが多く、
出願をすることも、買い取ることも、売り抜くことも、お薦めしたくありません。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中