◎題意把握

Top >  弁理士試験 >  ◎題意把握

◎題意把握

題意把握という「科目」は、必死に身につけましょう!


職業としての弁理士は、予備校や試験委員ではなく
クライアントが「点数」をつけるのです。
クライアントの要望の真意はどこにあるのか、という聞く訓練は、
「問題文の精読」なんていう訓練よりも、ずっと厳しく、
そして楽しいことです。


何のために試験に向かっているのか、振り返ってみましょう。
弁理士試験は資格試験ですから、
資格取得後に役立つことを、多方面から訓練してくれるのです。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中