◎文化を考える

Top >  知的財産の勉強法 >  ◎文化を考える

◎文化を考える

日本の知財、日本のコンテンツという言葉を聞くたびに、
文明なのか文化なのか、何れなのだろう、という疑問を
持っていました。

そんな疑問を抱えていたところ、
東京理科大大学院の生越教授のブログ中に、
以下のような言葉を発見しました。


<「文化戦略」を日本の国家戦略とする8つの提言>

?@「ゆたかな時間」を生み出す「文化産業」を発展させよ
?A「文化産業」の発展に「知的財産」を活用せよ
?B「技術」と「芸術」を融合せよ
?C「伝統文化」と「伝統技術」を活用しよう
?D「進歩」という名の呪縛を解こう
?E「日本文化」を見直そう
?F「遊び」を大切にしよう
?G「日本文化」と「文化産業」を世界に発信しよう


http://www.tkfd.or.jp/publication/reserch/2006-17.pdf


日本の小説を、英語、ロシア語、フランス語などに訳して
輸出するというプロジェクトが進行している旨の新聞報道もありました。


文化を輸出することは国家防衛につながる、というフレーズを
どこかで目にしたこともあります。


心の豊かさに、知財ということが貢献できることを願いつつ、
自分のできることをやっていきたいと思います。


生越先生、ありがとうございました。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中