◎ギャップを埋める

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎ギャップを埋める

◎ギャップを埋める

知財制度を活用できる仕組みを社内に導入するには、
同業他社の先行技術調査やそれを行うための教育、
ハードウエア環境などの投資が必要です。


ところが、そのような社内インフラを整えたところで、
特許が経営資源として生きてくるには、ずいぶんと時間が掛かります。


平均的な日本人の「特許」に対するイメージは「一攫千金」です。
このギャップを埋めるのに、時間が掛かってしまうことは多い。


「一攫千金」をおもしろおかしく報道して欲しくないなあ、と
そういう時に思います。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中