◎甘えん坊

Top >  フィクション >  ◎甘えん坊

◎甘えん坊

「先輩、どうして俺の内面、そんなに分かるんですか?そんなに話したことないのに。」

「あんた、正直だから、顔に書いてあんのよ。」

「自分じゃ、クールなつもりだったんスけどね・・・」

「ばっかじゃないの。そういうのを真正ナルシストって言うのよ。覚えておきなさい。」

「はい、分かりました。今夜はトコトン呑みます。つき合ってください。」

「そういうとこが、ナルシストだっつってんのに、呑み込み悪いわねぇ。」

「呑み込み悪いから、トコトン呑みます、って言ってんじゃないっすか!」

「ん、今のはなかなか良い切り返し。座布団1枚ってとこかな。」

「でも先輩、俺のこと、心配してくれてたんっすね。感激です。」

「またまたナルシスチックになってきたわね!」

「いや、そんなことないです。」

「しおらしい切り返しのつもりかもしれないけど、全然ダメよ、そんなの。座布団没収!」

「そういうズバッとしたとこ、惚れちゃいそうです。」

「今のは最低! 口説き文句として三流以下!」

「っん、先輩、かっこいい!」

「あんた、救いようのない馬鹿! すっごく面倒くさくなってきた。その一杯呑んだら帰るわよ。」

どこからが演技なのか。彼にしても、彼女にしても・・・

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中