◎知財コンサルティングに関する考察(19)

Top >  知財コンサルティング考察 >  ◎知財コンサルティングに関する考察(19)

◎知財コンサルティングに関する考察(19)

5.まとめ

ITバブルと時を同じくして起きたビジネスモデル特許ブームの時とは異なった空気の中で、
知財のすそ野が広がっています。

しかし、すそ野では資金も知識も不足しています。

資金について公的なバックアップが用意され、
これを再生産の資源として活用しなければならないのですが、
「知財バブル」のおそれは既に去ったのでしょうか。

ニーズがある、または潜在して不足している「知識」は、
知財分野に限りませんらない。

マーケティング、リサーチ、開発、マネジメント、交渉、契約など、
ビジネス全般にわたっています。

またベンチャー関係者や大学からは、
「マーケットの分かる知財関係者」が求められているように感じます。


世の中の流れ、知財業界の流れといった渦の中で、
ちっぽけな自分が自分の目指す姿を失わないよう、
自分の理想型を言葉に凝縮し、

「知財プロデューサ 夢屋」という商標登録も行いました。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中