◎包括的で漏れのない円滑な保護

Top >  知的財産の勉強法 >  ◎包括的で漏れのない円滑な保護

◎包括的で漏れのない円滑な保護

タイトルから

「ああ、特許法41条の話ね!」

と反応されるのは、弁理士試験の受験生や、
弁理士になった方に多いことでしょう。

 特許法41条を学ぶ際のキーワードとしてたたき込まれますからね。


しかし、実務をしていると、
正確には、41条を発明者や中小企業の方々に説明しようというときに、

 いわゆる国内優先権
 包括的で漏れのない円滑な保護
 元の出願はみなし取り下げ

といった説明をしても、不思議そうな顔(あるいは「法律屋」って嫌な連中だ、という顔)
をされてしまうことが多いと思います。


直感的に理解していただくため、私は
「差し替え出願制度」 と説明することにしています。


論文試験において、
逐条解説のキーワードを使わずに「差し替え出願」などと書いても合格点は望めません。

しかし、実務においては、
逐条解説のキーワードを使っても嫌な顔をされてしまいます。


勉強は自分のための知識のみで良いのですが、
実務では周りの人のための知識や知恵や工夫が必要
ということでしょうか。

"国内優先権の参考資料はこちら ↓

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中