◎ビジネスモデル特許についての説明

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎ビジネスモデル特許についての説明

◎ビジネスモデル特許についての説明

ビジネスモデル特許については、様々な誤解がありますが、
その誤解を解くには、関係者の皆様が苦労されているようです。


最近の私は、以下のように説明させていただくようにしています。

  1.自由主義社会において、
   経済活動、ビジネス方法は自由というのが大原則である。
   競争も真似も自由であり、独占は認めていない。


  2.しかし、製造業では、開発コストがかかるので、
   その開発コストの回収手段として、
   例外的に、特許法にて独占を認めることとした。


  3.したがって、ビジネスモデルは原則通り、特許にはならない。
   しかし、情報処理システム、装置、コンピュータプログラム
   のレベルになったら特許になる場合がある。


  4.なお、米国で特許になっても、日本で特許にならない事例は多い。
   そもそも日本の特許法は、自国の産業発達を目的とした法律であり、
   個人の権利を重んじる米国の影響を受けるとは限らないのである。


いかがでしょうか。参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中