◎『千円札は拾うな』より(3)

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎『千円札は拾うな』より(3)

◎『千円札は拾うな』より(3)

特許実務に関する効率化についての疑問を抱えて、
この本を読み直したとき、

  質の追求に限界はなく、量の追求に未来はない

という言葉に目がいきました。

が、ここに出てくる「質」は、文化や美意識なので、
特許の業界で言われるところの「明細書の質」とは結びつきにくい
ということが分かりました。


しかし、

   量の追求に未来はない

という言葉は、私もかねがね、問題意識を持っています。

問題意識だけで、答えや結果を出せていないのですが・・・

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中