◎交渉で 知財戦略 すべてパー(8)

Top >  パテント交渉学 >  ◎交渉で 知財戦略 すべてパー(8)

◎交渉で 知財戦略 すべてパー(8)

(4) プレッシャー ブレイクかけて 先送り


交渉においてコーヒーブレイクの重要性が説かれており、
演習後のフィードバック講義では

「どういう意図でブレイクしたのか」

と何度もチェックされました。


最初は

「単に両者が疲れたから、阿吽の呼吸でブレイクを取りました。」といった状態でしたが、

最後の演習(立場の異なる四者による交渉ロールプレイ)では
自分がブレイクの欲しいタイミングを切り出してみよう、
という気持ちを持つことができました。


自分が他の三者からプレッシャーをかけられ、すぐに打開できなかったらブレイクしよう、
と考えておいたのです。


実際の演習での進行は予想が外れたのですが、
ブレイクの意義のひとつを感じ取れたような気がしました。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中