◎フィクション=丸太の上の少年

Top >  フィクション >  ◎フィクション=丸太の上の少年

◎フィクション=丸太の上の少年

「そんなところでやってたら、風が吹いたときに下へ落ちちゃうよ。」

田んぼに流れ込む小さな川。そこに渡された2本の丸太を束ねただけの橋の上。
トンボを捕ろうとして虫取り網を振り回す少年に、私は声を掛けた。

その瞬間、自分の小さい頃の体験がフラッシュバックした。 
「やすし」のことだ。

やすしは、妹と同い年の悪たれ小僧で、妹がよく泣かされていた。
妹のかたきを取ろうと、罠を仕掛けた。

泥だまりの上に掛け渡した丸太。その真ん中あたりに滑りやすい細工をしておいた。
怪しまれないよう、私自身も歩いて見せた。

細工の部分には気づかれないように密かに跨いで。

  こうやって立ってピースしてみろよ。

私はやすしに、そんな台詞を言って罠の丸太に誘ったのだった。
ところがやすしは、滑らずにその丸太の上でピースをして見せたのだ。
  くそっ、失敗か・・・

そう思った直後、やすしは丸太から滑り、泥だまりに落下した。不意に風が吹いたのだ。

  やったぜ!

心の中でピースをし、妹の手を引っ張って逃げた。やすしの泣き声が聞こえなくなるまで走った。

どうしてこんなことを、一瞬で思い出したのだろう。
やすしのお母さんに、その後で小言を言われたことまで。
思い出した風景や場面に対する恥ずかしさを、どこに隠したらいいのか・・・

虫取り網を持った少年は、

   大丈夫だよ、風くらいで落っこちるほどダサくないぜぇ。

その顔つき、そして「少年」という私が付けた代名詞からは、意外な言葉を返してよこした。

一瞬前の恥ずかしさと融合した。
自分がどういう顔をしたらいいのか、小さいけれどもやるせない気持ちが沸き立ち、
ゆっくりと消えていった。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中