◎オフシーズンについて

Top >  弁理士試験 >  ◎オフシーズンについて

◎オフシーズンについて

先日、弁理士試験の二次試験が終わりました。
二次試験を受験された皆様、お疲れさまでした。


さて、二次試験が終わったこの時期から8月いっぱい、あるいは二次試験の合格発表までは、
「オフシーズン」と呼ばれています。
目一杯勉強したのであれば、オフシーズンを楽しんでリフレッシュすることが大事でしょう。

私の場合、初めて二次試験を受けた年の夏は、
「とても歯が立たない。」と感じたので、あまり休む気になれなかったように記憶しています。
どうすれば次の年に合格レベルに持っていけるか、
ゼミや選択科目の勉強方法など、各種の情報収集に8月を費やしました。

二度目の二次試験を受けた年の夏は、
「これで落ちたら何をすればいいのだろう?」と悩んでいました。

間違いなく合格できる、という確信があるといったすごいレベルに達していたはずもなく、
弱点は多々見えたのですが、もう一度一次試験から受け直す気力は残っていませんでした。

必勝を期したゼミ仲間と、9月にゼミを再開する準備などをして過ごしましたが、
半ば燃え尽きていたと思います。

結果としてこの年に合格できたので『事なきを得た』わけですが、
このころ耳にしていた『三年周期説』におそれをなしてオフシーズンを過ごしていました。
『三年周期説』とは、三年目に合格できないと、心技体が再び充実して合格するためには、
もう三年かかってしまう、という受験界の伝説です。
燃え尽きていた自分は、きっとこの年に合格できなければ、
あと三年くらい掛かってしまう、とおそれていたのです。

選択科目免除の制度が導入されてから、二次試験は非常に様変わりしたようで、
二次試験が最大の難関、と呼ばれることには変わりはないものの、
『三年周期説』というのはもう耳にすることはないのかもしれません。

燃え尽きるまで勉強したみなさん、運悪く合格できなかったときのためにも、
上手にオフシーズンをお過ごしください。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中