◎勉強への動機付け(3)

Top >  知的財産の勉強法 >  ◎勉強への動機付け(3)

◎勉強への動機付け(3)

知的財産関係の仕事に就くことなく、弁理士試験の勉強をしている人が増えています(*)。
実務経験を全く積むことなく、浪人生活にて勉強に専念している人も少なくないようです。

そうした方々は、「勉強への動機付け」がどうしても、現実離れしてしまう。
日常的に「動機」に触れる機会が少ない。だから、勉強時間が豊富にあっても、
動機から生まれる勉強への推進力が弱い。

もし、あなたが浪人生をうらやんでいる社会人受験生であれば、
彼らよりも推進力の面で優位なのだ、と考えてみてください。

もし、あなたが実務未経験の浪人生であるならば、
「実務経験がない」ということが合格後のハンディキャップとなるだけでなく、
勉強の推進力の面でも弱いのだ、ということを自覚してください。


*統計的には、昔から合格者の2割程度が実務未経験だったようですが、
今は合格者数、受験者数ともに増えていますので、絶対数が増えているのです。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中