◎翻訳文

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎翻訳文

◎翻訳文

特許明細書の作成において、翻訳がしにくい日本語を使うな! 
という指導を受けたことがある方は少なくないと思います。

しかし、「実感」する機会が少ないと緊張感が薄れてしまう。

「この形容詞はどこに係るのですか?」

質問が来る度に反省しています・・・

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中