◎新規性と新奇性

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎新規性と新奇性

◎新規性と新奇性

特許等の実務をしていて、「新規性」がないであろうという発明であって、
特許明細書の作成という仕事をすることがあります。

その理由については、ここでは触れませんが、
仕事として心躍る、ということは、ほとんどありません。

ところで、ワープロソフトで「しんき」とタイプすると、
同音異義語として「新奇」というワードも選択肢として出てきます。

もし、特許要件が「新規性」でなくて、「新奇性」だったら、
特許される発明は、もっともっと楽しくて、役立たない発明ばかりだったのではないでしょうか。


実務をしていて、「新奇性はバッチリ」という発明だと、
仕事は概ね楽しい。ビジネス的にも面白い、
と感じれば、更に楽しい^^

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中