Top >  知財実務についての雑感


知財実務についての雑感一覧

lime.jpg

◎三桁を超える受講生の講師スキルと両立困難

 100名を超える受講生の前で講師をしたのは、一番最初は32歳の時でした。 10...

◎国内優先権制度の特殊性(研究者の視点から)

 化学系の特許出願を依頼され、研究機関に勤務する研究者と打ち合わせをしました。 ...

◎スピード優先という依頼者の本音(を見抜けなかったこと)

 スピードを優先して欲しい、できれば一週間以内に何とかして! という依頼が舞い込...

◎日本人の真面目さは現在の学生にも

 大学生に知的財産論を教える、という中で、先日、「特許要件」を講義しました。 出...

◎単なる着想者の主張

 ある会社Yが、ある技術の基礎研究を一段落させ、特許出願を完了させました。 その...

◎拒絶理由通知に驚かれる

 ある若い技術者が発明者となった特許出願に、拒絶理由通知が来たので、 引用文献と...

◎待ちわびた特許証

 ある個人発明家さんからご依頼をいただき、特許出願を担当しました。 企業へのライ...

◎任期付き審査官の募集継続の謎

 審査の早期化が課題となっていた一昔前。 「任期付き審査官」という制度が始まりま...

◎繁忙期と並行処理

 年度末を乗り切った直後なので、今回乗り切った年度末において 気付いたことを忘れ...

◎回答が似ているが理由はさまざま(2/2)

 経験年数が20年を超えている、ということから    もうプロ中のプロですよね?...

◎回答が似ているが理由はさまざま(1/2)

 特許出願書類の作成代理、という仕事に携わって、25年が経過しました。 経験年数...

◎体験を予想しにくい他人の実話を聞く態度

 同業者の体験談であっても、自分の仕事からは予想がしにくい話や、 自分では体験し...

◎良い時期のうちに対策しておけ

 仕事を発注して下される方の年齢は、どのように推移しているか? このことに敏感で...

◎発明の完成に対するサポートの前提としての経験

 発明や特許、という言葉を、仕事上の新たな刺激にして元気になる方がいらっしゃいま...

◎強引な値下げ要求との闘い(2/2)

 値下げ要求を突っぱね、「鶴の一声」でこれまで通り、ということで収まったとのこと...

◎強引な値下げ要求との闘い(1/2)

 同業の友人から、主要顧客からの値下げ要求を跳ね返した、 というお話を聞いて拍手...

◎「後出しじゃんけん」という例え話

 発明者A氏との原稿のやりとりが電子メールで2往復して、 発明者A氏は、自分の発...

◎契約における想定とセカンドオピニオン

 ある契約書をチェックして欲しい、という仕事を経験しました。 その契約書について...

◎手続スケジュールの説明

 出願数が多くない中小企業では、総務などの事務系の方が、 担当者として知的財産の...

◎社会インフラに関するアイディアを相談されて

 ある仕事での打ち合わせを終え、発明者さんが雑談を始めました。 社会インフラに関...

◎「職人的技能」の継承について(4/4)

 理容師さんの業界で「1000円カット」という価格破壊が起きてから久しいですね。...

◎「職人的技能」の継承について(3/4)

 日本のバカなところは、教えるシステム作りが下手なところ。 日本の凄いところは、...

◎「職人的技能」の継承について(2/4)

 大手(企業または特許事務所)でなくても、現実には人材はちゃんと育っているではな...

◎「職人的技能」の継承について(1/4)

 専門サービス業の場合、本や学校では学べない「技能」が必ずあります。 知財の実務...

◎同じ質問に答え続けること

 ある時期にお世話になったK先生がマスメディアに取り上げられている記事を拝見しま...

◎マネジャーやディレクタといったポジション

 「改正された職務発明制度」の議論を親しい同業者としていて、K氏から、    職...

◎成功できない人は計画書を書けない

 公的な仕事をしている知り合いとのやりとりの中に、 気になる記載がありました。 ...

◎大学での講義との両立

 大学の前期に当たる4月から7月末まで、毎週一日、大学での講義を2コマ、 担当さ...

◎ホームページでは依頼者から見えないこと

 つい最近、同業者Y氏と連絡を取り合っていて気付いたのですが、    他の同業者...

◎公共施設のトイレに潜在していたニーズ

 公共の体育館のトイレで、    シューズのまま    お履き下さい と足の甲部...

◎叩き台を作る役と叩く役

 叩き台を作る、というのは、損な役回り。 頭では分かっています。 が、「損」を目...

◎工場を案内して下さる発明者

 出願予定の発明の打ち合わせに出向いた先で、 工場見学などをさせていただくことは...

◎政治スローガンを真似されたくないのですが

 ある休日、職場の電話が鳴りました。    政治家としてのマニフェストやスローガ...

◎真似されるから出願したくない

 技術者にヒアリングして発明を抽出する、という仕事をしていると、少なからず   ...

◎発明者に外国でのニーズまで分かるのか

 メーカの技術者とお話をする中で、    発明届出書の中に「外国での販売予定」と...

◎特許を使った先読みサイト

 特許の公報を閲覧し、世の中の先を読もうというサイトが、 最近、とても増えたよう...

◎既存ソフトウェアと新たな発明との関係

 ある研究者Aさんから、論文発表を前に特許出願をするべきか否か、 を相談されまし...

◎分かりにくいメール文面から考えたこと

 仕事上では必須ツールとなっている電子メールですが、 当然プライベートな連絡にも...

◎ソフトウェア発明が解決しようとする課題について(2/2)

 ソフトウェア発明において、その発明が誕生した背景として  何が問題なのかを明確...

◎ソフトウェア発明が解決しようとする課題について(1/2)

 情報サービス業における発明を書面化する場合、機械モノなどのハードウェア系の発明...

◎ソフトウェア発明が解決しようとする課題について(1/2)

 情報サービス業における発明を書面化する場合、機械モノなどのハードウェア系の発明...

◎個人発明家の未完成発明

 ある個人発明家さんから、特許出願をしたいという相談が届きました。 その相談には...

◎ポイントを掴めないままの受任

 特許出願をしたい、と希望されるお客様との打合せにおいて、 特許を取得すべきポイ...

◎無かったことにはできないという覚悟

 私は、不定期ですがメールマガジンを発行しています。 先日発行したメールマガジン...

◎修正できない一発勝負

 日経BP社の月刊誌の付録として、知的財産権のミニ講義のDVD を収録して頂く、...

◎そのうち分かるというアドバイスに耐える

 「そのうち分かるよ」という先輩のアドバイスは、辛いものです。 分からないから尋...

◎共同出願先の仲違い

 知人の同業者から、共同出願先の仲違いが発生した場合にどうしたらいいだろうか、 ...

◎現場に気遣う知財部門から来た仕事

 特許出願の依頼を受け、送って頂いたPDFファイルの図面を加工しようとして驚きま...

◎論文で防衛できる範囲の広狭

 他社に特許を取得されないという目的の場合、 論文発表をした内容について特許出願...

◎仕事術に関わるセミナーを受講して

 「仕事術に関わるセミナー」の案内を頂き、行ってみようか、という気になりました。...

◎相談者の関係者

 ライバル会社の特許を見つけた、と電子メールでの相談が舞い込みました。 相談メー...

◎意志決定者を見誤った事例

 ある交渉ごとをした最近の経験から。 私の意に反して、長期化してしまいました  ...

◎共同名義の特許を維持するか否か(2/2)

 さて、今回のようなやり取りを、資格者ではなく、事務員さんにやってもらうには、 ...

◎共同名義の特許を維持するか否か(1/2)

 A社とB社の共同名義の特許について、維持年金の支払いをするか否か、 という連絡...

◎生産方法に関する工夫

 商品開発の会社(Y社)から相談がありました。  別の会社(Z社)が製造している...

◎解決課題の記載順序は重要な順が良いのか

 ある特許明細書の案文を作成し、発明者のチェックを受けました。 発明者から指摘を...

◎抽象的な発明を持ち込まれる場合

 概念のみ、というような抽象的な発明を持ち込まれることが 少しずつ、増えてきたよ...

◎鋭い指摘とその後の原因探求(続報)

 前回の投稿を読んで、友人が連絡をくださいました。 「百」には、「多数」という意...

◎鋭い指摘とその後の原因探求

 「いちねんせ~になったら、(中略)ともだち100人できるかな」 と楽しい唱歌(...

◎合格基準をどこに設定するのか

 サラリーマン時代には、自分が作成した仕事のアウトプットが合格基準か否か、 切実...

◎特許事務所の喪中はがきに感じること

 年賀状の準備の頃、喪中はがきが何通か届きます。 これに対しては、永年、疑問に感...

◎専門家に依頼するのはなぜか

 ある交渉ごとをしている方に、弁護士さんの紹介を依頼されたので、 その交渉内容を...

◎妥協できないことが何なのか

 仕事の成果物が、自分にとっては違和感のある結果に導かれそうになりました。 まず...

◎事務仕事のIT化議論に参加して

 IT活用にて特許実務を如何にして効率化するか、 という議論に参加させていただく...

◎マダマダとソコソコのバランス

 新たな技術分野や異なる依頼先からの仕事に着手すると、    この業界(領域)で...

◎幽霊を怖がることなく正体を突き止めよう

 ある開発者が相談にいらっしゃいました。    企画会議で、××を達成できる機構...

◎経験と先入観

 経験を積んでいくことは、プラスばかりではありません。 経験が先入観をつくってい...

◎電子メールでの連絡が不能

 電子メールでの連絡に頼っていると思わぬ事態になる、 ということは、特許実務でな...

◎専門外の論文を客観的な眼で観た経験

 仕事とは全く無関係であり、専門でもない論文を添削する、という経験をしました。 ...

◎業界人の平均年齢とその予測

 平成6年頃という記憶なのですが、日本弁理士会が外部の調査期間へ委託して、 弁理...

◎広い特許の区分?

 ある会社で、色々な応用が想定できる発明が完成しました。 その会社が飛躍する可能...

◎知財キャリアプランとマーケティング能力(6/6)

 キャリアと呼べるのかどうかは怪しいと自分では思いつつ、 会社設立、大学講師、イ...

◎知財キャリアプランとマーケティング能力(5/6)

 さて、「自分にとって最適なお客様を見つける」には、    c)自分が何者である...

◎知財キャリアプランとマーケティング能力(4/6)

 組織の知財部門に在籍していようが、(→αタイプ)  特許事務所に在籍していよう...

◎知財キャリアプランとマーケティング能力(3/6)

 自己実現の準備の行動(前記のa段階)がだいたい(*)できたら、、 実現させると...

◎知財キャリアプランとマーケティング能力(2/6)

 実は、自分が(キャリアに最も関心があるであろう)20代の頃に「キャリアプラン」...

◎知財キャリアプランとマーケティング能力(1/6)

 知財業界におけるキャリアプラン、とは何でしょうか。 こういうことが話題になって...

◎大学生起業家からの相談

 知り合いの司法書士さんから    学生起業家から「ビジネスモデル特許」について...

◎個人発明家さんからの相談をどうこなすか

 特許出願の名義人には、個人名でも法人でもなることができます。 実態としては、1...

◎マニアックな喜び

 私の仕事分野は、機械系の分野と情報処理系の分野とが半々くらいでしょうか。  機...

◎公的な助成制度の活用について

 中小企業、ベンチャー企業には、 公的な機関(たとえば、神奈川県、あるいは横浜市...

◎審査への先入観

 進歩性を否定する旨の拒絶理由通知を受け取り、対応補正案を作成してお客様へお送り...

◎悪い点の指摘ばかりだと双方が疲れる

 年齢も経験も若い同業者K氏の愚痴を聞きました。 自分が作成した書類について減点...

◎作成書類のチェックは日を空けて

 特許事務所での作成書類に限らないと思いますが、 特許明細書の作成は、様々なチェ...

◎一文が長くなる癖(が直らない理由の探求)(2/2)

 さて、この議論のきっかけとなったのは、私が時々チェックしているあるサラリーマン...

◎一文が長くなる癖(が直らない理由の探求)(1/2)

 同業の友人と、「一文が長いこと」について、議論する機会がありました。  「一文...

◎審査官の審査ポリシー(に微差あり)

 最近、ある委員会で特許庁審査官と議論する機会があります。  その場では、特許法...

◎知的財産の便利屋

 高校の同窓会の前後に、幹事の手伝いを色々していたら、同級生の一人に、 「弁理士...

◎特許の価値評価というビジネスの評価

 先細りの業界において、「特許の価値評価」をビジネスにしよう、という動きはずいぶ...

◎特許の価格評価(の難しさ)

 この特許は、いったいどのくらいの価格になるんだ? そういう疑問を投げかけられる...

◎「に」と「へ」なら「へ」をもっと使いませんか

 助詞の「に」は、色々な使い方があります。   実例1)動作・作用の場所、目的、...

◎発明者とその上司との見解相違

 ある発明者A氏が、とある競技に用いる道具に関する発明をお持ちになり、相談を受け...

◎久しぶりの問い合わせ

 数年がもう経っていたのか、という久しぶりの連絡を頂戴しました。  記録を見てみ...

◎自分さえ分かれば良いという資料

ある製品の試作品ができたので見て特許出願して欲しい、という連絡を頂きました。 先...

◎後輩育成への関心度

 特許明細書の作成に関するある会議に出席してきました。 出席者は、10年以上の実...

◎商品購入者の目線

 SNSにて、知り合いの税理士が、ある商品についての使用感を語っていました。 「...

◎「特許出願中」を真似して良いの?という質問

 先日、税理士をしている大学の先輩から、 『特許出願中、と表示のある商品について...

◎特許は分け与えてこそ(2/2)

 特許は分け与えてこそ価値があり、輝くモノである という信念に基づいて仕事をする...

◎特許は分け与えてこそ(1/2)

 私が知的財産に関わる仕事をするきっかけとなった本があります。 弁理士の資格を取...

◎衰えをカバーする工夫

 「10年前の自分」がどういう仕事ぶりであったのか、正確に再現できるはずもありま...

◎相談者の年齢と自分の年齢(2/2)

 前回の1/2の原稿を書き終えた直後、友人弁理士Tさんにその内容を話してみたとこ...

◎相談者の年齢と自分の年齢(1/2)

 発明者や知財担当者の年齢と、特許事務所の担当者(弁理士)の年齢とは、あまり差が...

◎特許庁からの請求書って実現しないでしょうか

 特許出願の依頼を頂戴して仕事をする際、出願審査請求制度に関する説明は必ずやるも...

◎誰と何の仕事をするのか

 仕事を分解してみると、「客体(何を)」と「主体(誰と)」とに分けられます。 客...

◎真似された相手に対する措置

 たくさんの製品アイテムを扱っている会社において、知的財産権を侵害されるコトが多...

◎相手のスピード感に合わせる努力(だけが重要か)

 特許出願を初めて経験する、という企業での、打ち合わせ場面でのことです。    ...

◎特許の権利範囲と分野

ある開発者と特許出願の打合せをしていたところ、    このウェアのアイディアは、...

◎関わった会社の倒産

この2ヶ月ほどで、関わらせていただいたことがある会社が2社、民事再生手続きに入り...

◎部下育成という課題について(3/3)

特許事務所の(事業)継続性、というキーワードの下、 業務法人が認められ、「器」に...

◎部下育成という課題について(2/3)

部下育成という非常に大切な仕事が知財業界で疎かだった理由は、色々考えられます。 ...

◎部下育成という課題について(1/3)

 部下の指導をする手法として、「叱って育てる」、「褒めて育てる」の大きく2種類が...

◎自分の時間給を意識させる経営者(2/2)

 インターネットにおける「弁理士」というキーワード検索をするヒトのうち、 「弁理...

◎自分の時間給を意識させる経営者(2/2)

 インターネットにおける「弁理士」というキーワード検索をするヒトのうち、 「弁理...

◎自分の時間給を意識させる経営者(1/2)

 同業の知人が勤務時代に事務所経営者から、 30万の仕事を15時間で仕上げるなら...

◎手切れ金でしょうかね

4年ほど前に一度、特許の仕事を依頼され、その後の先方の事情変更なのか、 全く連絡...

◎後輩を教えるたびに師匠への感謝

実務の初心者に対して、イロハから教える機会がこれまで何度となくあります。 そのた...

◎先駆的な試みに対するリスペクト

 弁理士会のある委員会に参加したところ、    先駆的な試みで一定の成果を上げた...

◎「出願人」の意味

 家族の保険か何かの書類を書いていて感じたのですが、    本人との続柄 という...

◎年度末の緊張感

 以前は、年末や年度末には、奮い立つ緊張感が沸いてくるものでした。 しかし、一昨...

◎発注受注が健全な関係か

 お酒の席で、大手メーカ知財部に勤務するベテラン弁理士Aさん、 歴史ある特許事務...

◎発明者が「孫正義」の特許検索

 会社を経営する知人が    孫正義(ソフトバンク社長)だってたくさん失敗してい...

◎業界用語たる「出所」

 特許事務所の所員が、仕事のために事務所へ姿を現すことを、「出所」する、と言いま...

◎図面から考える

特許実務の指導をする上で、指導を受ける者が図面から考えるタイプなのか、言葉から考...

◎他社特許侵害の懸念

他社の特許権侵害をしているかもしれない、と心配そうな連絡が入りました。 慌ててい...

◎構成と効果の境目

 ある発明者さんから、既にご依頼を頂いている発明内容を追加したい旨の連絡がありま...

◎インターネット上の「やらせ」とその予測

 飲食店に対するお客としての評価を掲載する有名サイトTにおいて、いわゆる「やらせ...

◎タイ焼きなのに「天然物」

 タイ焼き(たい焼き)とは、    小麦粉などの生地に餡(あん)を入れて鯛の焼き...

◎公開されないと審査請求できない?

 ある中小企業の特許担当者から電話がありました。  その会社で出願した内容に似た...

◎ 特許情報フェア2011を振り返って

 近年では毎年開催されるようになったのですが、 業界の傾向を実感したい、という気...

◎「見解」を求められて募るストレス

 拒絶理由通知を受け取った後、理由の妥当性や、 補正による限定要素やその可能性な...

◎元々の意味を知ることの意義

 元々というか、最初の最初の「ハッカー」たちは、 自分たちのプログラミングの技術...

◎中間手続の成功報酬

 ITバブルの頃、ITベンチャーから、「成功報酬で出願書類の作成をお願いしたい」...

◎本を出すということ

 知人から、「ずいぶん色々な本に関わっているんだな、オレもやりたいんだけど」 と...

◎補助者の前裁き

 立ち上がったときにバランス感覚がおかしくなった、と訴える父を連れて、ある市立病...

◎セレンディピティと心の健全性

 「セレンディピティ(serendipity)」という言葉があります。 何かを探...

◎冴えた時間を確保するための必要経費

 新規出願にしても、拒絶理由対応にしても、特許請求の範囲を検討するということは、...

◎中村修二教授のおかげ

 大学時代のN先輩(メーカ勤務の技術者)が、フェイスブックに 以下のような内容の...

◎実務のスキルとマネジメント能力

 実務のスキルを磨いていくことと、年齢相応に要求される部下のマネジメント能力とを...

◎売りになるスキル

 ある会社の知財部長さんとお話をする機会を得ました。    あなたは何が得意なの...

◎図面作成者へのアドバイスをさせていただいた経験談

 お世話になっている特許図面の会社からの依頼で、    特許出願用の図面作成者(...

◎経験を補う術はあるのか

 人材育成というテーマにて集まる友人Y氏と、 特許明細書の作成と知財部門における...

◎病院食の工夫

 父親が簡単な手術を受け、術後6時間は下半身を動かしてはいけない、 という状態と...

◎オレの特許出願は今どうなってるの?

 特許出願をあまり経験していない会社の担当の方から、時々連絡を頂きます。    ...

◎ツイッターとフェイスブックに挑戦

 5年近くブログやメールマガジンを活用して情報発信をしている私は、 ツイッターや...

◎行間を使えているか

 特許明細書や図面は、「書いてあるか否か」だけが勝負である、とは、 色々な場面で...

◎一次情報と的確な表現とが役立った経験

 友人から転職の相談を受けました。  彼が面接に行くと決めた会社に、私は一度訪問...

◎ある後輩弁理士の愚痴への返答

 ある勤務弁理士から、彼が友人と呑んでいて出たという愚痴について聞く機会がありま...

◎「特許明細書の作成支援ソフト」の問い合わせ

 本ブログの左欄に設けてある「特許ツールの杜」をご覧になった方から    特許明...

◎真夜中のラブレター

 コピーライターの糸井重里さんがブログかツイッターにて、 急いで書いた原稿が「真...

◎ワンストップ・サービスの本質

 知財実務に限らず、各種の代理代行サービスでは、「ワンストップ・サービス」という...

◎人間的成長無くして(2/2)

さて、    人間的成長なくして、特許明細書の作成スキルに進歩無し という命題に...

◎人間的成長無くして(1/2)

 特許実務においては、「特許明細書の作成スキル」や、 「品質」についての議論は、...

◎ファブレス企業に必要なスキル

 日用雑貨品の意匠登録を取得した、という方から相談を受けました。    私のデザ...

◎健康診断との類似性

者; あなたは日常、△△のような物をよく召し上がるようですね。 患者; はい、ま...

◎特許査定の見込み有りなのに

 ある情報システムに関する特許出願について、拒絶理由通知が来ました。 出願には大...

◎広い特許が欲しい

 拒絶理由通知への対応を話し合うために、発明者に会いに行きました。  引用文献と...

◎郷に入らば

  場所= 高原地帯にある工場隣接のプレハブの事務所   打合せ相手= 社長様(...

◎社長の誤解

 社長様が特許制度を誤解している場合、どのように仕事を進めたらよいのか。  窓口...

◎打ち合わせの録音

 先日、特許制度を研究されているある研究者から取材を受けました。  その際、  ...

◎否鮨屋

昔々、某所、某社長在。 社長友人、某時、特許取得。 会社成功、友人成金。 社長、...

◎おすしやさんじゃないよ

 むかしむかし、あるところに、しゃちょうさんがいました。  しゃちょうさんのおと...

◎返事を待つということ

 先方の返事を待たなければ、前に進んでも無駄になる可能性がある、 ということは、...

◎即独阻止とその決壊

 地方都市の法律事務所に勤務する弁護士Kさんにお聞きした話です。 司法修習を終え...

◎ワンマン会社の見分け方?

 特許出願には「発明者」を記載する欄がありますが、    発明者は社長(のみ)に...

◎便利屋さんと呼ばれた際の協調性

 以前、弁理士会の広報委員会(現広報センター)の委員をしている頃、 そのときのF...

◎不慣れな仕事

 銀行である契約手続きをした際のことです。  私の手続き担当者が不慣れで、何度も...

◎裁判への不信感を持つ権利者

 特許権者として特許権侵害訴訟を2度経験され、 2度とも苦い思いをした、という方...

◎経営者のモチベーション

 特許事務所の経営者4人(私を含めて)にて呑みました。  我々のモチベーションは...

◎自社<外国の評価 という発明者

 ある発明者が相談に来てくださいました。    外国企業に売りたい技術なので出願...

◎誰に広報するのか

 大阪の友人弁理士とランチをしながら話をしたとき、    特許事務所の独自性を広...

◎読み易くて見つかりやすい

 先日遊びにいらした特許調査会社の社長さんが、    調査がし易い特許明細書は、...

◎個人発明家との共同出願

 個人発明家と共同出願をした、という会社の担当者から相談を受けました。  (出願...

◎実用新案登録制度への誤解

 このところ、立て続けに    特許は無理だと思われるので、実用新案を検討してい...

◎発明支援ノートで効率アップ(2)

 知財に力を入れ始めた社長様のある会社において、 社内で誕生する提案に、発明支援...

◎発明支援ノートで効率アップ(1)

 色々な場面で何度かご紹介している「発明支援ノート」ですが、     http:...

◎説明時間の節約

 知人から紹介された、という方から、 以下のような問い合わせが電子メールでやって...

◎任期付き審査官との面談

 先日、特許出願に対する拒絶理由通知の対応の一環で、審査官面談を申し出たところ、...

◎珍発明に思う

 知人が、珍発明の写真をいくつか送って下さいました。 パソコン画面の前で、声を出...

◎転勤先での再打ち合わせ

 発明現場へ打ち合わせのために出向いたところ、 以前に、別の部署でお会いしたこと...

◎町医者のたとえは弁理士に通用しないのか

 地方都市の近郊で製造業を営む中小企業の社長さんと議論したときの話です。 社長「...

◎呼ばれて行ったら未完成

 執筆活動などでご一緒した方から、    知り合いが発明をしたらしいので、話を聞...

◎社会貢献と照れ隠し

 行政書士の友人から紹介されて、ある会社の社長様を訪問しました。  予めその会社...

◎好不調のバロメータ

 大学やセミナーなどの講師の仕事は、特許明細書の作成などの実務とは全く異なる頭の...

◎出願保留の果てに

 昨年の4月、知り合いからの紹介を受けて、ある会社を訪問し、 社長様から特許出願...

◎良いところを見つける

 従来技術との関係で、進歩性が厳しいかな、と思われる案件の仕事は、 新規出願や拒...

◎まず手を動かす

 経験の乏しい分野での仕事の時には、考え込んで止まってしまう時間が多いものですが...

◎必要性を感じた時が手遅れでないならラッキー

 友人弁理士と雑談をする機会がありました。  彼の勤務する事務所で、一人の勤務弁...

◎社内セミナーの効果実感

 社内セミナーを2ヶ月ほど前に担当させていただいた会社から電話を頂きました。  ...

◎理由を伝える大切さ

 お気に入りのブログを読んで笑ってしまったことをご紹介します。    健康診断を...

◎自分で考える力が要求される中小企業での仕事

 ある技術系の中小企業を訪問したところ、 社長様とベテランの設計技術者の方とが応...

◎丁寧な説明がゆえにギブアップ

 とある会社の総務部の方から、職務発明制度に関連する問い合わせが来ました。 質問...

◎出願人と連絡が取れない

 出願公開のお知らせ、出願審査請求のお知らせ、などをすることになったものの、 郵...

◎発明者の一人を削除したい? ダメです!

 技術が売りの中小企業やベンチャー企業で時々起きるお話。  技術者が辞めたから、...

◎無料コンテンツの有料化に伴う付加価値

 昨年度、特許庁のプロジェクトにて    ココがポイント!知財戦略コンサルティン...

◎進歩性の判断を求められる場合

 拒絶理由通知を受け取り、出願人のご担当者に転送する際、 進歩性の判断を求められ...

◎同業者が主催した知財セミナー

 よくアクセスするサイトにおいて、目にした広告をきっかけに、 同業者が主催する中...

◎お手本にも失敗は存在した

 4~5年前に騒がれた『産学連携』、『産学官連携』に関して、 芳しくない という...

◎進歩性などの説明

 特許出願原稿のチェック者から、以下のような質問がメールにて来たとします。 > ...

◎休日出勤に楽しみを

 休日出勤しなければならない事態は、できる限り避けたい。 そのため、自宅にも、パ...

◎火災報知器が鳴ったとき

 事務所での仕事中、火災報知器がけたたましく鳴り響きました。 窓を開け、下の階を...

◎私の嫌いな決まり文句

 大きな組織に属していない私や同業者の友人は、組織が提供してくれる健康診断があり...

◎特許明細書の読みやすさ

 仕事が一段落した19時、電話が鳴りました。    この時間の電話は、飲みの誘い...

◎減縮補正しての権利

 ある社長さんが考えたアイディアを、ディスカッションをして膨らませ、 特許出願し...

◎発注側の立場から考える機会

 独立している友人弁理士から、ホームページのリニューアルに関する相談を受けました...

◎課金方法について考える(2)

 別の項(実務雑感)にて、 『課金方法について考える』というタイトルで書いてみま...

◎課金方法について考える

 ビジネスモデル特許が騒がれた頃、課金の方法や手段が特許されることが たまにあり...

◎知財の名義変更

特許を名義変更したい、という依頼が立て続けにありました。 いずれも会社精算に伴う...

◎出願審査請求制度の説明(2/2)

 初めて特許出願をするような中小企業の場合、 出願審査請求制度の話は、一回すれば...

◎出願審査請求制度の説明(1/2)

 特許出願をしただけでは特許になりません。 審査をしてもらうのに、別の手続きと費...

◎受け継ぐことができない知財

 ある中小企業の社長さんがウィルス性の病気で急逝されました。  まだ40歳、病気...

◎サービスの普及と非独占

 2008年11月から2009年1月まで、毎月2度ほど札幌に行っておりました。 ...

◎誰のための仕事なのか

 ある企業の知財担当者からお聞きしました。  進歩性については疑問があるものの、...

◎中小企業への啓発は道半ば

 この時代に比較的元気なメーカ系の中小企業の取締役の方の力説をお聞きしました。 ...

◎拒絶理由通知に対応

 拒絶理由通知に対応する、という実務では、 コンサルティング手法で使われる「仮説...

◎特許のみでは無価値

 経営者(社長)が高齢化し、後継者が育っていないという中小企業。  このように後...

◎経営者の忙しさ

 ある中小企業の社長さんが、自ら発明して出願した特許。  審査請求をしたところ、...

◎電子メールでの議論とその限界

 とあることがきっかけで、  特許請求の範囲 の書き方について、電子メールにて議...

◎特許を待ち望む人たち

 仕事で関わることとなったあるベンチャー企業X。  この企業Xは研究開発型の企業...

◎なぜ特許出願をしたのか

 あるプロジェクトで、ある中小企業の社長ヒアリングに出向きました。 色々と参考と...

◎滅多にない仕事

 以下、電話にて問い合わせを頂いたことです。  ある特許事務所に依頼して実用新案...

◎特許明細書の作成支援ソフト

 別の項にて、「知財コンサルティングとの比較において特許明細書の作成は定型仕事」...

◎使われる身か否か

 知り合いの社長さんが、事実上廃業されました。 苦渋の決断であったことは想像に難...

◎文化までは真似できない

 古典芸能のプロデューサN氏とお話をしていて、 知財業界において大変重要なことに...

◎成長のパートナー

 お金を頂く、支払う、の関係にあるのがビジネス上の付き合いですが、 お金を頂く側...

◎ホンモノ(者)を見極める(2)

 あるコンサルタントが、極めて安い受講料で「後進を育てる」という趣旨のセミナーが...

◎ホンモノ(者)を見極める(1)

 ある業界が混沌としたときなどに、違和感を覚える会社、組織、人物が インターネッ...

◎発明者の積極性

 米国人と日本人とが、社内で同じ課題に取り組んで発明する場面に遭遇しました。 米...

◎専門家であること(3)

 更に続きです。  W社の社内に資格者(Sさん)がいても、外部の専門家としてコメ...

◎専門家であること(2)

 さて、前回の話を書いてみて、更に考えてみたことです。  W社の総務のSさんが弁...

◎専門家であること(1)

 W社で総務の仕事をされているSさんは、知財制度に詳しい。  W社の社長さんが、...

◎補正の限界

 出願時には別の方が書かれた特許明細書を補正して欲しい、というご依頼を頂きました...

◎発明届け出書の限界

 ある発明届け出書(発明支援ノート)をお預かりしました。 ある学習ツールなのです...

◎特許の値段(5)

 なぜ、コスト・アプローチ、インカム・アプローチ、マーケット・アプローチ という...

◎特許の値段(4)

 モノの値段の決め方には、大きく、次の三種類があります。 1)コスト・アプローチ...

◎特許の値段(3)

特許をオークションで売買したい、という会社は、 インターネット普及以前から存在し...

◎特許の値段(2)

 「あなたの愛車の値段、無料で査定します」 といった中古車の販売会社のコマーシャ...

◎特許の値段(1)

 「車種、年式、走行距離をお伝えいただくだけで、   おおよその査定額が分かりま...

◎特許の値段(6)

 特許の値段を決める際の雑談を、いくつか紹介しましょう。  特許は不動産に似てい...

◎出過ぎたアドバイス・その後(フィクション)

 半年後、B氏は、普段なら見落としそうな小さな新聞記事を見つけた。      「...

◎出過ぎたアドバイス(フィクション)

 A氏は、某大学の大学院時代から、インターネットでは名の知れたプログラマであった...

◎個人発明家の一般的傾向(2)

 知的財産がビジネスの中の一項目に過ぎない、ということを お話しして、理解してい...

◎個人発明家の一般的傾向(1)

 特許事務所において、「個人発明家」はあまり歓迎されないお客様です。 それはなぜ...

◎発明の完成と実務

 特許出願書類の作成指針としては、    その発明内容が再現できる程度の記載  ...

◎欲しいのは権利ではなく名誉か?

別の項で、ある企業の経営者から、以下のような質問を受けた話を書きました。  「オ...

◎現場に出向く

 アイディアが特許になるか、云々のご質問を頂いた場合、 私はできるだけ、その「現...

◎特許明細書の順番

出願用の原稿が出来上がったので発明者にお送りしたところ、 なかなか返ってこない。...

◎会社の創造DNA

ある会社のブレインストーミングに呼んでいただいて体験した出来事です。 様々なアイ...

◎プレイングマネジャーの限界

ほとんどの業務を一人でこなしている現状を「プレイングマネジャー」と言えば ちょっ...

◎PDAに求めること

91年の秋に初めて電子手帳(PDA)を手に入れ、 それ以来、電子手帳を愛用し続け...

◎帰宅難民

大地震が起きたら、職場から帰宅できない方が溢れるであろうという予測があり、 そう...

◎税理士さんの業務スタイル

北海道にて開業されている税理士さんに聞いてきたことです。 企業の規模が小さくても...

◎時間の有効活用(3)

有効活用すべき時間に種類があるとすれば、    a)愉しい時間 (をより愉しい時...

◎釣り竿の用途発明

とあるグランドで見た風景です。 米国人らしき男性が長くて立派そうな釣り竿を振るわ...

◎公的機関の出す資料(2)

公的機関の出す資料が分かりにくいということは、 法律や条令に関することでも同じな...

◎公的機関の出す資料(1)

公的機関が主導する中小企業の知財支援事業に関わっていて気づいたことです。 支援事...

◎発明のコツ(4)

T氏からは、非常に有意義な言葉をたくさん頂きました。 プログラム作成にてT氏が気...

◎発明のコツ(3)

インターネットなどを介して他人の智恵を借りられるようになった世の中ですが、 T氏...

◎発明のコツ(2)

引き続き、T氏のお話です。 ベテランのプログラマは、現在の若いプログラマに比べて...

◎発明のコツ(1)

あるソフト開発会社の技術担当取締役のT氏からお聞きしたことです。 部下に対しては...

◎札幌散策(3)

北海道土産として知る人ぞ知る「じゃがポックル」。 カルビーが北海道限定販売してお...

◎札幌散策(2)

仕事を終えて新千歳空港に着いたのが18時半頃。 新千歳空港には、ものすごい数のお...

◎札幌散策(1)

12月の最初に、仕事で札幌に行ってきました。 10日ほど前(11月の三連休前)に...

◎サッカー4級審判の更新2007

サッカー4級審判の更新手続きに必要な講習を受講してきました。 昨年まではルールに...

◎夕張散策(4)

炭坑博物館のほかに目玉がないのでは、北海道のガイドブックに載っているはずもない。...

◎夕張散策(3)

炭坑を体感できるアミューズメント施設(炭坑博物館)がある、と聞いていたので、 市...

◎夕張散策(2)

現在のレンタカーには、カーナビは当たり前のようである。 慣れない手つきで「夕張」...

◎夕張散策(1)

札幌での仕事があって一泊した。 次の日の夜に都内で仕事があったので、職場に戻って...

◎同業者の人脈

同業者(弁理士)に知り合いを増やして何になるんですかねえ・・・ 同業者って、ライ...

◎メールのタイトルからの反応

メールが入ってきたら、まずタイトルを見る、 という方は多いのではないでしょうか。...

◎技術進歩が補うこと

エコー診断、患部撮影などの技術進歩は著しいらしい。 そのため、ガンの早期発見につ...

◎弁理士法の改正に対する思い(2)

弁理士法が改正され、また少し業務範囲が広がりました。 しかし、法律上で業務範囲が...

◎弁理士法の改正に対する思い(1)

弁理士試験が、平成20年から大きく変わります。 (詳細はこちら) これから試験を...

◎反省が生む発想(3)

 「反省の質の高さ」とは何か。  反省における言語化能力 と置き換えるのは、言い...

◎反省が生む発想(2)

多面的な捉え方のベースの一つであろう『深い専門分野』は、 日常の仕事を通じて鍛え...

◎反省が生む発想(1)

同じ経験をした者が二人いたら、その経験が同じ成長を生むか? その答えは、否でしょ...

◎新規性の実践(の難しさ)

ある保守的な業界の関係者を前にして、よく使った事例です。  「こういう新規サービ...

◎弁理士の身分証明書(4)

新たに銀行の口座を開設しようと、「新規」の窓口に行きました。 口座の不正使用、不...

◎弁理士の身分証明書(3)

裁判所、特許庁に行く時には、弁理士バッジ(*)を忘れるな、 と先輩弁理士には、よ...

◎弁理士の身分証明書(2)

現在の身分証明書は、 あるローンの申し込みのときに、「身分証明書」を、 と求めら...

◎弁理士の身分証明書(1)

弁理士に身分証明書があることをご存知でしょうか?  日本弁理士会の会員課にて所定...

◎仮面ライダーに学ぶ知財戦略(3)

仮面ライダーのような『戦隊もの』ビジネスは、 すでに4分の3が海外市場となってい...

◎仮面ライダーに学ぶ知財戦略(3)

テレビ番組のヒーロー・シリーズのビジネススケジュールは、 玩具メーカとともに、ル...

◎仮面ライダーに学ぶ知財戦略(2)

テレビ番組のヒーロー・シリーズのビジネススケジュールは、 玩具メーカとともに、ル...

◎仮面ライダーに学ぶ知財戦略(1)

コンセプトの一貫性とマンネリ打破との両立は、 ロングセラー商品においては、重要な...

◎発明者は一人のほうがお得?

先日、2通の特許証が届きました。そこで感じたことです。   発明者は、一人のほう...

◎審査請求制度を考える

特許の仕事をしていると、出願しても審査をしてもらえない、 審査をしてもらうには別...

◎法の無知は救えない

新規性を喪失してから、例えば製品の販売を開始してから 特許出願の相談にやってこら...

◎的確なネーミング

突然ですが、「シュガー社員」という言葉をご存知ですか? シュガー社員とは、新入社...

◎発明の抽出(2)

発明を特許出願するか、ノウハウとして秘匿するかは、 発明が抽出された後に行うべき...

◎発明の抽出(1)

発明がどこに存在するのか。 それを見極めるのは、実務ではとても大事です。 しかし...

◎フェアトレード(3)

「フェアトレード」も企業価値や品質になる! そうは言っても、これを「知財コンサ...

◎フェアトレード(2)

世界がもし100人の村だったら 4 子ども編のご紹介です。 『世界がもし100人...

◎フェアトレード(1)

「フェアトレード」という言葉をご存じでしょうか? フェアトレードとは、ただ資金的...

◎売買目的の商標登録(3)

前回の続きです。 売買の適正価格とは、売りたい人と買いたい人とが折り合った金額で...

◎売買目的の商標登録(2)

この商標を登録したい、 と「決め打ち」して相談にいらっしゃる方は少なくありません...

◎売買目的の商標登録(1)

ときどき仕事で商標の調査をする機会がありますが、 商標権者が法人ではなく個人、と...

◎常識と非常識

特許出願公開制度についての質問と回答 +++++++++++++++++++++...

◎キャッチフレーズを振り返る(2)

一つ前のキャッチフレーズは、     枯渇せず 分ければ増える 知的資産 という...

◎キャッチフレーズを振り返る(1)

電子メールの最後には、いつの頃からか、定型文とともに キャッチフレーズを入れるよ...

◎『弁理志』を目指す

私は弁理士ではありますが、 『弁理志』を目指すことにしました。 字に魂が籠もるよ...

◎グーグルは何を目的に?

Googleが、特許の検索サービスに着手しました。   http://www.g...

◎明日の保険よりも今日の晩飯

特許制度を活用できるようになるために投資が必要である、 といった説明をさせていた...

◎ギャップを埋める

知財制度を活用できる仕組みを社内に導入するには、 同業他社の先行技術調査やそれを...

◎ジェネレーションギャップ!

ある大学教授にお聞きしたお話です。 (正確ではありませんが、趣旨はだいたい下記の...

◎優れた技術とは

特許公開公報などでは、とある性能が優れている、 とばかり書かれていますが、 本当...

◎お米の生産量とブランド

お米の生産量は、少しずつ減っているようですが、 ブランドは、どんどん増えています...

◎携帯電話は何の役?

とあるミーティング中、出席者の一人が時折、携帯電話をのぞき込みます。 そのミーテ...

◎農産物品種登録について

東京理科大学大学院MIP教授の生越由美先生のブログ    http://ogos...

◎特許創造のアシスト業務(3)

昨年からは、ブレインストーミングの活性化役、 というこれまでとはやや異なる仕事の...

◎特許創造のアシスト業務(2)

大企業においても、技術者の方々に、
何が特許ネタになるのかということを十分には理解されていないという、
予想外の実態。それはなぜか。

◎特許創造のアシスト業務(1)

以下の記載は、拙い経験を書いたものであり、 全ての業界や企業に通用することではな...

◎特許情報フェアを見学して

これまでの特許情報フェアは、 発行された特許公報をどのように検索するのか、 検索...

◎ヒット商品の肝はどこに?

どこかスイッチを押したら笑い出す縫いぐるみ。 約40年前に、米国のある企業が企画...

◎商標に関する一般的勘違い

商標についての問い合わせが入ると、いつも感じるのが、    商標登録をすると、そ...

◎ビジネスモデル特許についての説明

ビジネスモデル特許については、様々な誤解がありますが、 その誤解を解くには、関係...

◎『千円札は拾うな』より(3)

特許実務に関する効率化についての疑問を抱えて、 この本を読み直したとき、   質...

◎『千円札は拾うな』より(2)

仕事量に対して中途半端に時間が足りないから残業してしまう、 と著者が書いています...

◎『千円札は拾うな』より(1)

ベストセラー 『千円札は拾うな』(安田佳生著 サンマーク出版) には、色々な刺激...

◎水の補給

サッカー観戦をするに際して、興味深いルールをご紹介します。 ピッチ上の選手が、試...

◎10年後の知財業界を考える(2)

本テーマにて意見交換をした方は、 BRICsの出願が増加する、と仰っていました。...

◎10年後の知財業界を考える(1)

10年後の知財業界を考える、というテーマで、有る方と意見交換をしました。 その中...

◎なぜ出願するのか(2)

「なんだ、特許出しても儲からんのか。」 とがっかりする社長さんに、無理矢理、 特...

◎なぜ出願するのか(1)

特許出願の経験のない中小企業に、 「出願したいから来てくれ。」 と呼ばれた経験は...

◎発明者とのコミュニケーション能力について

発明者とのコミュニケーション能力は、知財部に勤務していたり、 特許事務所にて仕事...

◎特許業界用語辞典について

特許事務所に勤務している頃、特許事務所の所員、知財部の方々、 弁理士試験受験生が...

◎地域中小企業知的財産戦略支援事業(3)

税金の有効活用という視点から、 「支援事業が終了した後もモデル企業に役に立つよう...

◎地域中小企業知的財産戦略支援事業(2)

さて、コンペに参加するには、多くの時間を必要とします。 コスト換算したら大変なも...

◎地域中小企業知的財産戦略支援事業(1)

堅実な技術を擁して堅実な経営を続けている中小企業であっても、 その経営資源である...

◎発明者による記載

発明者が記載していただいたメモや図面を、特許明細書に反映していくことは重要です。...

◎仕事における瞬発力

現在の仕事をしていて、最も瞬発力が要求されると感じるのは、打ち合わせの時間です。...

◎翻訳文

特許明細書の作成において、翻訳がしにくい日本語を使うな!  という指導を受けたこ...

◎30条の適用

学会での論文発表に伴って30条適用の出願実務において、 意外に困ることの一つとし...

◎趣味と一致した仕事

私が勤務していた特許事務所の先輩弁理士が、前の職場で経験したというお話です。 某...

◎冴えた時間

明細書作成の仕事をする上で、頭の冴えた時間を確保することは非常に重要です。 です...

◎仕事のミスの原因

仕事でのミスは、どのような原因で起きるのか。 特許明細書の作成という仕事が、広義...

◎仕事の原点(この仕事は二次産業か)

特許事務所という職場が成り立っているのはなぜか? 知財部という部署が存在しなけれ...

◎自分との闘い(知財実務編2)

仕事をする上で、私がよくやってしまう失敗の原因は、 先入観です。 未知の分野、経...

◎自分との闘い(知財実務編1)

実務的な見地から 『自分との闘い』という抽象的な言葉を分析してみましょう。 『自...

◎論文試験における「趣旨」2

こちらの続きになります。 試験勉強をすれば、実務に活かせる。 それは、発明の抽出...

◎新規性と新奇性

特許等の実務をしていて、「新規性」がないであろうという発明であって、 特許明細書...

◎特許明細書の作成という仕事

自分を鍛えるには関連性がない仕事を多くこなすと良い、 というのは特許実務の世界に...
知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中